2012年03月29日

配慮力の高い言葉

50代後半にみえる女性が電車に乗ってきた。
ウォーキングシューズに杖を使っていて少し足が悪いみたい、と見ていた時、座っていた少年が立ち上がり「どうぞ」と席を譲った。
女性は「いいのよ、次に降りるから」と答えて、空いている手で吊革を握った。
あれぇ、どうなるこの展開?・・見ていると、少年はもう一度座席の方に戻って座った。
少年の前に女性は立っていた。なんとなく収まりのよくない立ち位置、それ以上の会話もなくて...

P4120402.jpg


少年は春に中学生になるくらいに見えた。もしかすると、ほんとうに4月から中学生で、数日前に小学校を卒業したばかり、卒業が嬉しくて、よそのおばさんに親切したい気分だったのかもしれない、親切をうまく受け取って貰えたら次の親切もやり易くなったのに、受け取ってもらえず残念だった、などと考えた。
女性はただ素直に返事しただけに見えた。
でも、勢いよく立ちあがった少年の行動に対して、「次に降りるから」じゃなく、「ひと駅だけど、座らせてね」と言ってくれたら良かったのに、と考える一方で、思いがけない親切に対して、自分だったらどんな言葉を返せるだろうか、と考えて、胸の中で「ありがとう。ひと駅だけど、座らせてね」とお礼の言葉を練習のように言ってみたりした。

でも、ひと駅の間に、女性もお礼の言葉を考えてくれたみたい。駅の手前で、少年の方へ小声で何か言って、女性は電車を降りていった。
よかった、女性がお礼の言葉を少年に伝えてくれて、受け取った少年がにっこり笑ってくれて。

気づき;
配慮のある「ありがとう」のひと言が、相手を勇気づけ、励ますことは確実。

P3200462.jpg

ラベル:人間観察
posted by ラパンアジルblog at 16:14| Comment(0) | 配慮力 | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

視点とはこんなこと

妊娠中のこと、駅や電車内で妊婦さんばかりが目についていた。そして、子供が生まれてみると、あんなにたくさんいた妊婦さんはどこかへ行き、抱っこやベビーバギーの赤ちゃんばかりが街中にあふれた・・いや実際には「赤ちゃんが街中にあふれた」のではなく、「あふれたように見えた」のが正確な表現だけど・・こんな風に自分が興味を持っていることはよく目に付く。

P3190472.jpg


定点観測してみれば、街中に「赤ちゃんがあふれた」のは事実でなく、赤ちゃんの数よりおとなの数の方が多いといったことが確かめられるけれど、感覚的には「赤ちゃんがいっぱい」といった実感のようなものを持ってしまうことがある。
なにかに熱中する自分は事実とはかけ離れた見方をしていても、そのことがおかしいことだと気付かないことがある、事実と違っても実感は持ててしまう、ということに気付いて、視点を変えてみることが出来れば、私たちの思い違いや失敗はかなり減らすことが出来る。


ラベル:無意識
posted by ラパンアジルblog at 14:23| Comment(0) | 視点 | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

お父さん、立派!

土曜日の電車の中で。ドア横に女性が座り、その隣に私、男性、男性と座っていて、その前に小学生女子、父、母、高校生女子の家族が立っていた。急行電車が出発し、駅と駅の間の出来事。

P4010544.jpg


ほとんど前触れなく、小学生女子(4年生位)が吐く様子を見せ、とっさに父親が両手に受けた。父は両手を広げたまま、女の子の吐きけを気にしつつ、「何か、」と小声で言い、母に顔を向けた。母はバッグを探っていた。間に合わないっ!
私がバッグからスーパー袋を広げて差し出すと、父は両手をその中に入れた。隣の女性がティッシュを何枚か引き出して渡した。隣の男性もティッシュを父に渡した。
父は「すみません」や「ありがとう」を言いながら、小学生にティッシュを渡し、自分も手を拭いた。まわりの人たちも自分の汚れを点検して拭ったりした。身の回りは拭って、それぞれティッシュを握りしめていると、父がそれを受け取り袋に入れ、袋を閉じ、足元に置こうとして、床の汚れに気付いた。このタイミングで母親がハンドタオルを出し、父に渡した。父は腰をかがめ、渡されたタオルで床を拭った。すると母は「そうじゃなく、アセ」と言った。
立ち上がった父の顔には汗が吹き出していた。よく見ると頭までぐっしょり濡れていた。
父は胸を探り、ポケットから名刺を出し、前に差し出して言った「洗濯代を、あとから洗濯代の相談をさせてもらいますので、連絡をください。」と。

あのとき、モタつく家族に対して「早く、なんとかしろ」と怒り出す人がいなかったのは、お父さんのチカラ。名刺を出された女性が「大丈夫です。お父さん!」と答えたのは、その奮闘を見ていたから。

父は、捨て身で汚物を受けとめ、片付け、周りを気遣い、その上、母と高校生女子の動きの鈍さや、小学生女子が「ごめんなさい」と言えないことにも気づいただろう。
お父さんの「汗」はそういう思いから噴き出したのではなかったか?
一方、母の配慮は、小学生の髪についた汚物や、父の汗に向いていた。

UDコーディネーターの視点で見ると、お父さんの配慮力は広く行き届いていた。
汗まみれで家族を守ったお父さん、立派でした。

P3200484.jpg


posted by ラパンアジルblog at 14:54| Comment(0) | 配慮力 | 更新情報をチェックする

なぜブログを?

なぜブログを? それは、ラパンアジル代表者として、気づいた新しい視点をスタッフや仲間、さらに多くの方に知っていただき、楽しんだり、役立てて欲しい。また、違う方向の見方も示してもらいたい、という考えからスタートしている。

P3200479.jpg


ラパンアジルは1991年の創業以来、商品開発に関わるマーケティングサービスを主業務として、常に新しい視点を求め続けてきたし、方法論も探してきた。
商品開発の場では、米アップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏のような天才的な人が大ヒット商品を生み出すことがあり、ヒット商品の研究も色々な角度から行われる。ヒット商品から学べることは多い。
けれど同時に、“ヒット商品が生まれた経緯を真似てもヒット商品は生まれない”。それは、商品がヒットしたということは、その時点で既に市場に大きな変化が生まれ、購入者の心理も変化していることになるからだ。
つまり私たち商品開発者は、常に市場を、購入者・使用者を、商品を、正しく見て、分析し続けるしか、方法がない。この精度をより向上させるには、こだわりなく見る力「正しい視点」を身に付けることが必要になる。その一端を、このブログで感じていただけることを目指している。

posted by ラパンアジルblog at 14:53| Comment(0) | ブログについて | 更新情報をチェックする

高校生の家庭科課題

いまやっている勉強の目的はなんですか? という考えなしに授業を受けてしまいがちな学校教育。あまり興味を持てない課題を与えられたときでも、着実に熱心に課題と取り組めるような生徒はたぶん少数派と思う。

例えば、これは家庭科課題のフェルト絵本の作りかけ。高校2年生の息子は家庭科の授業中にどれほど呑気に作っていたのか、4月から11ヵ月たった3月でもまだ完成までに時間がかかりそうな進捗状況にある。

P2270440.jpg


ところが作っている本人を観察すると、大して嫌がっているようには見えず、むしろ楽しむ気配もあって、そばで見ていたら、「この月を開くと太陽になる」とか「白鳥の首を持ち上げると虹になる」と、うれしそうに説明してくれた。

P2270441.jpg


このフェルト絵本は、設計図とフエルトや色糸などが一袋に入っていて、これを作る間に、図面をフェルトに写す、フェルトを形に切る、アップリケする、重ねて縫う、縫い合わせて組み立てるなどの裁縫スキルが身に付くようになっている。ほつれ難いので端の始末がいらないフェルトが扱いやすく、色もカラフルできれいなので、とても良い教材だと感じた。
その一方で、家庭科として精神面の目的を示したりしているのだろうか?とも考えたので、尋ねてみると、「提出しないと家庭科に点が付かない」と答えが返ってきた(>_<)。

UDコーディネーター視点で見れば、「明確な目的」を持てていない残念な答え。
近所の保育園、遠隔地の子供、将来の自分の子供など具体的にプレゼントする相手を設定する等が出来れば、より楽しく1年間の制作時間に励めたのではないか。
<生徒自身が課題の目的を理解して取り組める>ことの大切さを思った。

ラベル:人間観察
posted by ラパンアジルblog at 14:35| Comment(0) | 目的意識 | 更新情報をチェックする

会社概要

株式会社ラパンアジルは、
製品・サービスを販売する企業のために、リサーチ・プランニング等の研究・開発支援サービスを行う、オーダーメイドのマーケティング会社です。
私たちのマーケティング支援から生まれる製品・サービスが、<100%喜んで使うことが出来ること>を常に目指します。

P3200493.jpg


UDC認定
日本ユニバーサルデザイン研究機構認定 準1級ユニバーサルデザインコーディネータの資格を寺内美知子が取得しています。認定番号J11-1203-000014
*日本ユニバーサルデザイン研究機構は2014年11月7日付で組織名を実利用者研究機構としました。
JITSUKEN
http://www.jitsuken.com/

P5220412.jpg


HCD-Net会員
寺内美知子は人間中心設計推進機構 HCD-Netの正会員です。
人間中心設計推進機構
http://www.hcdnet.org/

JSKE会員
寺内美知子は日本感性工学会の正会員です。
日本感性工学会
http://www.jske.org/

P6200411.jpg


AIAメンバー
寺内美知子はAIA:アフェクティブイノベーション協会のメンバーです。
Affective Innovation Association
https://www.jidp.or.jp/ja/2016/10/10/news20161010?query=tagNames%3DNEWS%26tagNames%3DREPORT

posted by ラパンアジルblog at 14:33| Comment(0) | お問い合わせ | 更新情報をチェックする