2013年05月28日

環境の魅力

東京駅前丸の内2丁目に位置する「三菱一号館」はレプリカ再建された建築物。
この中にある「一号館美術館」に入るため、入り口前で静かな列を作って並んでいる人たちにはある共通点がある。
ファッションも態度もヨーロッパ志向で、アメリカンな人がいない。若い人は少なく、中年カップルが目につく。銀座の客と比べてもお洒落な男性の比率が高く見えること。
日曜日、お洒落な50〜60代男性が中庭のベンチで女性と談笑する後姿を見ると、これまでのその年代の男性とは感覚がずいぶん違うのだろうな、と思わされる。

DSC_0190-2.JPG


この「三菱一号館」というのは、元々は1894(明治27)年、英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計された洋風貸事務所が入るクイーン・アン様式の建築だった。この一号館を契機として、丸の内には煉瓦造建築が続々と建てられ、1910年頃には「一丁倫敦」と呼ばれる街並みを形成するようになっていたという。
関東大震災、第二次世界大戦での破壊も免れて、1970年頃には明治時代洋風建築として文化的価値が高いと評価されていたものの、老朽化を理由に1968(昭和43)年に解体された。
これを、2010(平成22)年になって、解体前の部材と新しい部材を組み合わせて、不自然でないように、また安全なレプリカとして再建した。

DSC_0182.JPG


レプリカは本物ほどの重量感がないように見えることが多いが、ここでは庭の設計を重視して環境全体を整えることに成功している。
建築家ジョサイア・コンドルは、旧岩崎邸庭園や旧古河邸庭園の設計し、庭にバラを好んで使っていたということから、40種のバラを植栽に使って、コンドルの庭の雰囲気を生かしたという。バラのなかにはイギリスから直接運んだバラ、オールドタイプのバラもある。
それを知ってみると、中庭に座るお洒落な男性はバラが似合う人にも見えるのだった。

DSC_0189-2.JPG


環境が発する情報に魅力を感じる人が集まる。
その環境が好き、という共通項で似た匂いの人が集まる。
一度は更地になった都市の真ん中の場所であっても、ストーリーをもって環境を整備すると、来てほしい人たちが集まってくる。


posted by ラパンアジルblog at 11:28 | TrackBack(0) | 品質 | 更新情報をチェックする