2014年09月29日

無意識の設計

気持ちよく過ごすために、自分のファッションが周囲に与える影響について考える経験をした。
TPOという約束事とは違う、もっと軽やかな楽しいことであり、
影響を設計する、デザインのことでもある。

hcdセミナ@GMO-9-2.JPG


この日、セミナーで訪れた会社は白いテーブルとイスが並んだ空間。
白いイスの中に気まぐれ的に、若草色とピンクのイスが混ざっていて、
参加者はどこに座ってもよかった。

hcdセミナ@GMO-4-3.JPG


グレー系パンツの私はピンクに座りたかったけど、
既に荷物が置かれていたので隣の白へ。

そして、ピンクのイスに座った人を見ると・・
すてき!
スモーキーなラズベリー色のパーカーとスニーカーを着た男性。
美しい配色が見る者を楽しませて、気持ちよい雰囲気が醸し出されていた。

color-pink.JPG


あとで「ピンクのイスを選んで座ったのですか?」と訊ねると、
特に選んだわけではない、とのこと。
でもきっと、無意識レベルでピンクのイスを選んだのだと思う。

無意識に環境を利用できる感性が素敵。
そして、環境側からいうと、
感性の高い利用者によって楽しい環境を完成できるよう設計された空間なのだと感じた。

posted by ラパンアジルblog at 14:58 | TrackBack(0) | 視点 | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

美味しい理由

140905-16.JPG


スープ+サラダのランチ+食後の紅茶 1,080円(税込)ペルティエ表参道本店にて

140905-18.JPG


「美味しい」と感じた、最大の理由はそれぞれの温度。
外皮がカリカリ熱々のパン、やや冷たく柔らかいバター、
熱過ぎないミネストローネ、冷たすぎないフレッシュサラダ、
そして、熱いアールグレイ。
シンプルなメニューが、それぞれのベスト温度で美味しく味わえる。

単純なことながら細かい配慮がいる「おもてなし」の本質は「適温のサービス」に現れると感じた。

posted by ラパンアジルblog at 08:47 | TrackBack(0) | 味覚 | 更新情報をチェックする