2014年12月23日

2014年新年に向けて

season's LapinTera.jpg

今年も残すところ一週間
一年間お世話になりました感謝と共に
来る年が実り多い一年となるよう祈念致します。

ラパンアジルも新年に大きな期待と緊張感を持って
年末の仕事に励んでいます。
来年もどうぞよろしくお願い致します。


私たちは実行します。
圧力に負けない正しい目を持ち、
目先の利益に惑わされずに判断、そして実行する、
効率良いオーダーメイドの研究・開発支援サービス
株式会社ラパンアジル



posted by ラパンアジルblog at 13:43 | TrackBack(0) | 2014記事一覧 | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

共感のチカラ

働く男をみせる缶コーヒー「ジョージア」のTVCM。
夏には、海の家で焼きそばを焼く男にすっかり笑わされたが、
「違いに気づく男たち」篇では、大工の男が、八百屋が、シェフが、床屋が・・10人の働く男が「おっ」や「おうっ」の一声で、味の違いに気づいたそれぞれの一瞬を見せてくれた。

2014年12月のいま流れている「しみわたる」篇では、とび職の男二人が、自動車整備士と、バイク便の男と・・それぞれが仕事を終わり、ジョージア片手に「おつかれっ」と交わす。働く男ならだれでも一度は飲んだことがある缶コーヒーを、まんま現場に持ち込んでリアルな一瞬を切り取ったかのように見せるCMが面白い。

「ジョージア」はどこでも買える缶コーヒーだけど、架空の顔のない男が飲むのではなく、私のまわりにもいるリアルな男のために作られているのだナ、と思わされるところが楽しい。

誰もが飲むであろうとは、手に入れやすい大衆的な飲みものということで、
飲みものとして誰にでも好まれる味であることが要求される、
それは目指すところが、特徴のない方向へ向かうことを意味し、
訴求点に欠ける方向になってしまいそうだが。
そこで、
一連の「ジョージア」のTVCMは、30秒または15秒に、働く男たちと「ジョージア」の一瞬を凝縮して見せ、共感を記憶に留めさせる。
働く者が共感するその一瞬が「ジョージア」をおいしくしている。

georgia.jpg


キャスト;山田孝之
【ジョージア】「海の家従業員」篇<http://www.georgia.jp/cm/summer_30sec.html
【ジョージア】至福の微糖「違いに気づく男たち」篇<http://www.georgia.jp/cm/chigai_30sec.html
【ジョージア】「しみわたる」篇<http://www.georgia.jp/cm/shimiwataru_30sec.html

http://www.cocacola.co.jp/press-center/press-release/news-20141006
ラベル:商品力
posted by ラパンアジルblog at 12:27 | TrackBack(0) | 商品力 | 更新情報をチェックする