2018年01月03日

ハノイの黄色

2017年12月ハノイ

hanoi-7.JPG


ハノイで目につく黄色いフレンチ・コロニアル。
ベトナムがフランスの植民地だった時期に作られたフレンチ・コロニアル様式の建築が黄色い。オペラハウス、大統領官邸、カトリック大学、革命博物館、国立歴史博物館、各国の大使館が使用する建物も。
なぜ黄色なのか?
国旗の星や、中国で高貴な色とされる黄色に儒教の影響があるのか、仏教の僧衣の色、とも思ったが、答えは<南の地>を表すよう。

ベトナム金星紅旗.png

ベトナム社会主義共和国の金星紅旗


*1887年フランス領インドシナ連邦が成立〜1954年まで。現在のベトナム・ラオス・カンボジアを合わせた領域に相当する。

フランスの<南の地>は、ゴッホも憧れた太陽が降り注ぐ南仏のイメージ。
その南仏プロヴァンスでは、黄色い石材を使った建築(大聖堂や市庁舎、邸宅)が多く見られ、陶器(アプト)も、電車も黄色。
ハノイの黄色はハノイの思想や伝統によるのではなく、フランスが植民地として南をイメージしたもののようだった。

*セザンヌが描いた黄色い石切り場(ビベミュス石切場)はエクス=アン=プロヴァンス。

posted by ラパンアジルblog at 12:08| 観察 | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

昨年中は格別の御厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年の皆様の益々のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

061B4C93-92C3-40AE-99F4-8E9A-2.JPG

弊社の昨年は、観察3:聞き取り3:分析2:提案2の比率の年でした。
今年は観察2:聞き取り2:分析2:提案2:あそび2の年にしたいと思います。
昨年と変わらぬご愛顧をお願い致します。

株式会社ラパンアジル
info@lapin.co.jp

F50FF898-CA6B-478C-8C86-DB-2.JPG

社名ラパンアジルについてユトリロのラパンアジルもご覧ください。
http://column-lapin.seesaa.net/article/420882082.html

P5310190.jpg

ハロウィン等、イベントに関するウェブアンケートもご利用ください。
URL ; http://research-lapin.seesaa.net/

posted by ラパンアジルblog at 00:01| お問い合わせ | 更新情報をチェックする