2019年04月19日

DUMBO

古いディズニーアニメ映画の「DUMBO」が実写化された。
制作したティム・バートン監督は幼い頃に観たアニメ「DUMBO」に思い入れがあるのだという。
DUMBOもTim Burtonも好きだから、早速観た。

これが昔のダンボ
ディズニーが1941年に制作、公開。日本公開は第二次世界大戦後の1954年。
dumbo-1.jpg


これが2019年の実写ダンボ
dumbo-2.jpg


実写ダンボはどのようにデザインされたのか、
本物の小象も可愛いが、それ以上にダンボは愛らしく可愛すぎるんじゃないか、というのが第一印象。
耳が大きくて可笑しい、と笑われるみっともなさは見当たらなかった。
でも見終わったら、とってもよくて、ダンボが笑いものにされて、自分のせいでお母さんから引き離されてしまう悲しさもよく伝わってきた。

ティム・バートン版ダンボから受け取ったメッセージ。

DUMBOのメッセージ-1 短所こそ長所になる、ということ。
ほかの象と違う大きな耳(短所)のためにダンボは笑いものにされたが、
その耳をうまく使うと鳥のように飛ぶことが出来るようになった。
他のものと違うことを嘆かないで、違うことがあることを喜べる日も来るよ、
みんなと違うからこそ独自のチカラを得る可能性があるからね!

DUMBOのメッセージ-2 そのまま愛する、ということ。
お母さんは子どもが可愛くて、子どもはお母さんが大好き。
そのことは無条件にそうなのであって、そのままあればそうなるということ、
<あるがままの自然のはたらき >を忘れてはいけない。
他人の価値観、多数者の価値観に引きずられないでね!

dumbo-4.jpg

posted by ラパンアジルblog at 13:11| メッセージ | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

引き寄せ策

最寄り駅への道に、珈琲自家焙煎の店が開店した。
そこでは道が大きくカーブしていて、自転車で通ると店内が見える。
すると、中にいる店主らしい人がニッコリ笑ってうなづいた。通り過ぎるタイミングで笑いかけられたのだ。
この店主は道行く人、誰もに笑いかけたり、うなづいたりしているのか、
店の中から、ウエルカム!と伝えているのか、不思議な出来事だった。
けれど、何回かの後で、私はここを通るのを止めた。
ウザイ、と感じたのだ。

これ、前に経験したことに似てる、そう、amazonが始めた手法じゃないか。
はじめ、amazonは愛想がよく感じられた、お客さんに親切なamazon、お客さんのニーズに適うamazon
ところが、amazonの親切は毎日毎回と重なり続けることで、ウザイ、と感じられるようになってきた。

DSC_2475-2.JPG


さて今週は、4月21日(日)の区議会議員選挙に向けて、
選挙活動の車が走り回っているが、そのアナウンスでも面白いことがあった。

「○○△です。働き盛り30代の候補○○△。ご声援ありがとうございます。」
という決まり文句の声が、続けて、
「うなづいてのご声援!ありがとうございます!!」と言うのだ。
ところが、近くにいた主婦がこれに、
「ヤダ、若いというから見ただけなのに、うなづいたって言われちゃった、別に応援してない」と言うのだ。

私は「この主婦、いれないナ」と思った。
そうなのだ。
人は自分の行動を、先回りして指摘されるのが嫌い、まして、読み違えられたら面白くないのだ。

引き寄せ策のやりすぎはうまくない。

posted by ラパンアジルblog at 21:30| 観察 | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

仏教を学ぶ


大学で学んだ日本仏教だが、忘れたことも多くなっていた。
仕事に直結しない仏教の学びに、知識を維持したり更新したりする時間を使えないでいたのだ。
それでも、学び続けたい気持ちがあったのだと思う、ふと気になった情報から、月一回の仏教講座に参加を申し込むことが出来た。

DSC_2365.JPG


食を通じて布教活動されている「お寺ごはん」の青江覚峰(浅草・緑泉寺の住職)師のインターネット寺院「彼岸寺」の情報で、仏教伝道協会が開講する「仏教初心者講座 一から学ぶ日本の仏教 2019」に参加することになった。
一回目は、4月10日 18:30〜20:30 
天台宗・最澄 講師は木内堯大 師(大正大学特任准教授)


木内師は、4月には稀な寒い雨の夜であることに触れて、「こんな悪天候に、有名でもない私の講義を聞くため参集された皆さんは、こちらからみると仏様に見える」と話をされた。すなわち天台宗は誰もが仏の性質を備えることが出来る、と共に「己心弥陀 唯心浄土(こしんみだ ゆいしんじょうど)」として、心に全てがあり、私が仏なのだという自覚をもつということ、心の持ちようで世界が変わるということ、この説法内容が心に残った。

木内堯大 師
読売新聞「中高生新聞」オンライン動画 2017/01/19 「「講義の鉄人」仏教における地獄ってどんなところ?」
https://www.youtube.com/watch?v=UVNIYg0D1kY

インターネット寺院・彼岸寺
https://higan.net/

posted by ラパンアジルblog at 11:02| 哲学 | 更新情報をチェックする