2012年03月12日

お父さん、立派!

土曜日の電車の中で。ドア横に女性が座り、その隣に私、男性、男性と座っていて、その前に小学生女子、父、母、高校生女子の家族が立っていた。急行電車が出発し、駅と駅の間の出来事。

P4010544.jpg


ほとんど前触れなく、小学生女子(4年生位)が吐く様子を見せ、とっさに父親が両手に受けた。父は両手を広げたまま、女の子の吐きけを気にしつつ、「何か、」と小声で言い、母に顔を向けた。母はバッグを探っていた。間に合わないっ!
私がバッグからスーパー袋を広げて差し出すと、父は両手をその中に入れた。隣の女性がティッシュを何枚か引き出して渡した。隣の男性もティッシュを父に渡した。
父は「すみません」や「ありがとう」を言いながら、小学生にティッシュを渡し、自分も手を拭いた。まわりの人たちも自分の汚れを点検して拭ったりした。身の回りは拭って、それぞれティッシュを握りしめていると、父がそれを受け取り袋に入れ、袋を閉じ、足元に置こうとして、床の汚れに気付いた。このタイミングで母親がハンドタオルを出し、父に渡した。父は腰をかがめ、渡されたタオルで床を拭った。すると母は「そうじゃなく、アセ」と言った。
立ち上がった父の顔には汗が吹き出していた。よく見ると頭までぐっしょり濡れていた。
父は胸を探り、ポケットから名刺を出し、前に差し出して言った「洗濯代を、あとから洗濯代の相談をさせてもらいますので、連絡をください。」と。

あのとき、モタつく家族に対して「早く、なんとかしろ」と怒り出す人がいなかったのは、お父さんのチカラ。名刺を出された女性が「大丈夫です。お父さん!」と答えたのは、その奮闘を見ていたから。

父は、捨て身で汚物を受けとめ、片付け、周りを気遣い、その上、母と高校生女子の動きの鈍さや、小学生女子が「ごめんなさい」と言えないことにも気づいただろう。
お父さんの「汗」はそういう思いから噴き出したのではなかったか?
一方、母の配慮は、小学生の髪についた汚物や、父の汗に向いていた。

UDコーディネーターの視点で見ると、お父さんの配慮力は広く行き届いていた。
汗まみれで家族を守ったお父さん、立派でした。

P3200484.jpg


posted by ラパンアジルblog at 14:54| Comment(0) | 配慮力 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: