2012年08月30日

これってなに?

なに?と、普段見慣れているモノとの違いに気づくのは重要でしょう。
気づいても、そのままにしておくと忘れてしまう、小さななに?
なに?に興味を持ち続け、研究し続ける持続力は、貴重ですね。
なに?から気付いたことを、仕事や生活に活かすことが出来るか、と考える力、
そして、実行に移す、具体化の力。

P9010538.jpg


こんななに?を製品開発に繋げた好例を、無印良品「足なり直角靴下の開発ヒストリー」に見ることが出来る。
順番に見ていくと、こうなる。
■出発点のなに?は、チェコのおばあちゃんが編んだ「直角の靴下」との出会い。
■通常の靴下は120度。直角は手編みならではの角度。
■直角は、立っているときの足首の角度。履く人の履き心地を追求したデザイン。 
■直角は、かかとがすっぽり収まって、ズレ落ちにくく、履き心地が良い。
■手編みの直角靴下を機械編みする、製品化への取り組み。
■2006年 発売。「足なり直角靴下」とネーミングした。
■2010年 無印良品のすべての靴下が直角になった。
■2011年 リニューアル。目的は、製品の良さを見直し、良さをきちんと伝える努力をすること。(1)製品のリニューアル(2)50,000人のはき心地体験キャンペーン

なに?というひっかかりから、履く人の履き心地を追求したデザインだと発見した「人間工学」に適うデザイン、それを機械編の製品化として実現した。

◎リニューアルの際の<心地良さのわけの探索の図>無印良品くらしの良品研究所
http://www.muji.net/lab/project/socks/110817.html

posted by ラパンアジルblog at 20:34 | TrackBack(0) | 視点 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック