2013年03月15日

商品の良さを実現する

日々、さまざまなマーケティング努力がされている日本で、企業間の商品企画に差がないことが普通になっている。
それでも、市場に出てくる商品には差があり、販売力の高い商品と低い商品がある。
企画力に差がない場合、問題になるのは表現力。
この表現力を検証するための調査に工夫や調査力が求められる。

image004-2-2.png

ここで調査しなければならないのは、企画の表現が適正か、ということになるので、コンセプトや訴求点などの企画力に関する調査をしていても見えない部分、ユーザーに商品力が届いているかを調査しなければならない。

image017-2.png


posted by ラパンアジルblog at 19:06 | TrackBack(0) | 調査 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック