2013年05月02日

なんちゃって制服

制服のない高校に進学した高校生が着る、制服のようなスタイルの服を「なんちゃって制服」という。大手通販セシールにも「なんちゃって制服」の取り扱いがあり、女子ではチェックプリーツスカート、シャツ、リボン、カーディガンなどが揃う。
なぜ、なんちゃってを着るか? 「学校へ着ていく服を悩むのは面倒だから」という。
ふ〜む。

制服のある学校で、制服を着るのを嫌っていた高校生の卒業式が終わり、古い制服を処分しようとしたら、「まだ置いといて」と言われた母親。下級生にあげるのかと尋ねると、「みんなで集まる時に着る企画がある」という、曰く「卒業してから着ると、なんちゃってみたいで面白いから」という。
ふ〜ん。

制服を着るということは、<その世界の住人と認められる>と了解済みだから、その世界のルールを守っている、というアピールにもなるし、それに対して対応もしてもらえるはず。
<制服で博物館へ行けば入場料の割引は可能なはず>となっている。
着用していれば説明不用のところに、制服のラクさがある。

これを利用した制服のコスプレとなると、裏返しの心理という面白さもあるのだと思う。
<制服を着ている人のキャラを了解した上で、ウラをかく>といった面白さが・・。
さらに犯罪上、制服を使った詐欺というのも、こういう了解を利用している。
<この制服の人なら預けて大丈夫と思ったが、トンズラされ、預けたものはなくなった>などと。

P4110514.jpg


こんなことを言っている私は幼稚園から14年間を同じ制服を着用し、卒業式で「この制服を二度と着ない」ことに感激したほどだったから、制服嫌いだと思っていたのに、すり込みの方が強かったらしく、仕事用のマイ制服を作ったことがある。
バブル時代のことで、リクルートスーツも、いまの女子リクスーように<黒系テーラード+ショートなタイトスカート>に固定化される前、働く女性は高級ブランド服の着用を謳歌していた。
その頃にマイ制服を作ろうとしたのは、「気を遣わなくてもきちんと見えるには制服が便利」との考えからで、「なんちゃって制服」と同じ理屈からだった。

さて、マイ制服を作ってみると、@着用すれば整って見える、A伝統的なスタイルに準じる、B活動しやすく暑さ寒さに対応しやすい、には適ったものの、「らしさ」が欠けていた。(>_<)

P4110516.jpg


結果として、服装が自由な職場でマイ制服を作るには、たとえば「デヴィ・スカルノ」クラスの強烈な「らしさ」が必要だとわかった。
また、職場の制服には、階級を表すなにかが付与されていて、それを見ることで、ポジションがわかるようになっている。
これもないところで、「らしさ」をだそうというのだから、ハードルは高い。
逆に言えば、着用した人は誰でも「デヴィ・スカルノ」に見えるくらいのコスプレ度の高さがマイ制服には求められる、ということのようだった。

*「デヴィ・スカルノ」ファッションのキイワードは、ビビッドカラー、胸開き、フリル襟、スーツ、ハイヒール、盛り髪。

ラベル:人間観察
posted by ラパンアジルblog at 14:03 | TrackBack(0) | 視点 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック