2015年09月09日

逸脱例への着目

インタビューを行い、質的調査の分析を行った研究を基に、平易で読みやすい本にしたという一冊を読んだ。テーマは、がんの寛解。

『がんが自然に治る生き方』ケリー・ターナー著 長田美穂訳 
本;『Radical Remission』(Kelly A Turner)
研究論文;Spontaneous/Radical Remission of Cancer: Transpersonal Results from a Grounded Theory Study (Kelly A Turner)

img_7b.jpg


著者ケリー・ターナーは、がん専門病院で患者のカウンセラーをしていたときに、Andrew Weil著『癒す心、治す力ー自発的治癒とは何か』を読んで、<進行がんと診断され医者から治療の方法がないとして自宅に戻された患者が寛解した>という症例を知って、衝撃を受ける。
これを出発点として、がんの寛解について調べてみると、寛解の症例報告はあるものの、寛解者本人と代替療法の治療者の考え(意見)を含む研究はなく、がんの寛解という事例は「逸脱」として医師から黙殺されているようにみえた。
ターナーはこう考えた<アレクサンダー・フレミングがペニシリンを発見したのも、「逸脱」した現象に目を向けたからで、自分も標準から逸脱した事象を無視することなく、詳細に検討していこう>と。

がん治療で使われる言葉に「標準治療」という言葉があるが、これは<科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療であることが示され、ある状態の一般的な患者さんに行われることが推奨される治療>をいう。(国立がん研究センターがん対策情報センターのがん情報サービスによる)
*http://ganjoho.jp/public/qa_links/dictionary/dic01/hyojunchiryo.html

「標準治療」とはいかにも信頼できる治療に聞こえる一方で、それだけを行うという姿勢からは新しい発見はしにくく、新しい発見は「逸脱」を検討するところにあるのではないか、という著者の考え方はもっともだと思えた。
発見は「逸脱」を検討するところにある、これは質的調査に共通するところでもあり納得のいくことだった。

ラベル:定性調査
posted by ラパンアジルblog at 23:20 | TrackBack(0) | 調査 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック