2019年04月17日

引き寄せ策

最寄り駅への道に、珈琲自家焙煎の店が開店した。
そこでは道が大きくカーブしていて、自転車で通ると店内が見える。
すると、中にいる店主らしい人がニッコリ笑ってうなづいた。通り過ぎるタイミングで笑いかけられたのだ。
この店主は道行く人、誰もに笑いかけたり、うなづいたりしているのか、
店の中から、ウエルカム!と伝えているのか、不思議な出来事だった。
けれど、何回かの後で、私はここを通るのを止めた。
ウザイ、と感じたのだ。

これ、前に経験したことに似てる、そう、amazonが始めた手法じゃないか。
はじめ、amazonは愛想がよく感じられた、お客さんに親切なamazon、お客さんのニーズに適うamazon
ところが、amazonの親切は毎日毎回と重なり続けることで、ウザイ、と感じられるようになってきた。

DSC_2475-2.JPG


さて今週は、4月21日(日)の区議会議員選挙に向けて、
選挙活動の車が走り回っているが、そのアナウンスでも面白いことがあった。

「○○△です。働き盛り30代の候補○○△。ご声援ありがとうございます。」
という決まり文句の声が、続けて、
「うなづいてのご声援!ありがとうございます!!」と言うのだ。
ところが、近くにいた主婦がこれに、
「ヤダ、若いというから見ただけなのに、うなづいたって言われちゃった、別に応援してない」と言うのだ。

私は「この主婦、いれないナ」と思った。
そうなのだ。
人は自分の行動を、先回りして指摘されるのが嫌い、まして、読み違えられたら面白くないのだ。

引き寄せ策のやりすぎはうまくない。

posted by ラパンアジルblog at 21:30| 観察 | 更新情報をチェックする