2020年08月26日

平成ネーミング-2

平成ネーミング振り返り
日本ネーミング協会の会報に寄稿した「平成ネーミングの振り返り」は、平成時代を5年ごとに区切って、気になるネーミングをノミネートしたが、こちらに書き足し再掲します。

平成6年(1994年)から平成10年(1998年)
『バブル崩壊』後の「失われた20年」の始まりに当たる5年間には、家庭用ゲーム機「セガサターン」「プレイステーション」が発売、女子高生「コギャル」が注目を集め、「プリクラ」「たまごっち」が大流行した。

プレイステーション
ソニー 1994年(平成6年)
仕事用コンピュータを「ワークステーション」と呼ぶのに対し、遊び用として「プレイステーション」の命名。縮めると「プレ捨て」になって縁起が悪いという意見もあったというが、「プレステ」は強い名前に育った。

クイックルワイパー
花王 1994年(平成6年)
忙しい主婦向けに新しい掃除の仕方を実現するという目的をもって開発された、ラクで手軽なのに効果が高い掃除道具。「クイック」に「ル」がついて、手早く能動的な掃除ができそうに感じられるネーミング。
現在の『クイックル』シリーズは、ラクラクお掃除用品として更に商品の幅を広げている。

ポケットモンスター 
ポケモン(発売時は任天堂) 1996年(平成8年)
不思議で可愛いポケットモンスターがバトルを行うRPG(ロールプレイングゲーム)。モンスターだが、恐くなくて可愛いから、略称「ポケモン」(Pokémon)の方がぴったり。

アムラー
1996年(平成8年)頃に全盛
アムラーファッションは、超ミニ、厚底ブーツ、長い茶髪、細眉、日焼けなど安室奈美恵スタイルを愛好する女の子を、安室に接尾辞「-er」をつけて呼んだもの。アムラー以前に「シャネラー」があった。また、「アムラー」後にも色々な「ラー」が登場して、マヨネーズ好きを「マヨラー」と呼ぶこともあった。最近では、カリスマホスト「ローランド」のそっくりさんが「ローランドラー」と名乗っている。


posted by ラパンアジルblog at 14:23| 商品力 | 更新情報をチェックする