2020年08月27日

平成ネーミング-4

平成ネーミング振り返り
日本ネーミング協会の会報に寄稿した「平成ネーミングの振り返り」は、平成時代を5年ごとに区切って、気になるネーミングをノミネートしたが、こちらに書き足し再掲します。

平成16年(2004年)から平成20年(2008年)。
2004年はFacebook が生まれた年、当初の登録は学生限定だったが、2年後には一般にも開放されて急速に広まり、最大規模のSNSとなった。
2006年にはTwitter が始まった。また、2007年には iPhone が発売、2008年のファッションではファストファッションブームが起きた。
ファストファッションとは、トレンドを素早く取り入れた低価格ファッションブランドのこと。ユニクロ、GU、ZARA、GAP、H&Mなど。

ヘルシオ
シャープ 2004年(平成16年)
シャープが大阪府立大学と共同開発した加熱水蒸気だけで調理するオーブン。加熱水蒸気で調理すると、食材の表面から塩や油が流れ落ち、ヘルシーな食べ方に適うという。高齢者の増加に伴い、成人病などの理由から日常の食事で塩を制限している人も多いことから、ヘルシオを漢字変換して「減る塩」と読ませる意図もあったかもしれない。

Wii
任天堂 2006年(平成18年)
家庭用ゲーム機 Wii(ウィー)。英語「We」から「私たち誰でも」というイメージ。それは従来までのゲームオタクだけが楽しむゲーム機ではなく、誰もが楽しめるというコンセプトを表していて、ゲーム世界の革命を起こすことを目指したネーミングだった。ウィーはまた仏語の「Oui」と発音が似ていて肯定的なイメージを持たせる効果もある。(平成18年/2006年)

posted by ラパンアジルblog at 13:29| 商品力 | 更新情報をチェックする