2012年08月30日

これってなに?

なに?と、普段見慣れているモノとの違いに気づくのは重要でしょう。
気づいても、そのままにしておくと忘れてしまう、小さななに?
なに?に興味を持ち続け、研究し続ける持続力は、貴重ですね。
なに?から気付いたことを、仕事や生活に活かすことが出来るか、と考える力、
そして、実行に移す、具体化の力。

P9010538.jpg


こんななに?を製品開発に繋げた好例を、無印良品「足なり直角靴下の開発ヒストリー」に見ることが出来る。
順番に見ていくと、こうなる。
■出発点のなに?は、チェコのおばあちゃんが編んだ「直角の靴下」との出会い。
■通常の靴下は120度。直角は手編みならではの角度。
■直角は、立っているときの足首の角度。履く人の履き心地を追求したデザイン。 
■直角は、かかとがすっぽり収まって、ズレ落ちにくく、履き心地が良い。
■手編みの直角靴下を機械編みする、製品化への取り組み。
■2006年 発売。「足なり直角靴下」とネーミングした。
■2010年 無印良品のすべての靴下が直角になった。
■2011年 リニューアル。目的は、製品の良さを見直し、良さをきちんと伝える努力をすること。(1)製品のリニューアル(2)50,000人のはき心地体験キャンペーン

なに?というひっかかりから、履く人の履き心地を追求したデザインだと発見した「人間工学」に適うデザイン、それを機械編の製品化として実現した。

◎リニューアルの際の<心地良さのわけの探索の図>無印良品くらしの良品研究所
http://www.muji.net/lab/project/socks/110817.html

posted by ラパンアジルblog at 20:34 | TrackBack(0) | 視点 | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

選択的注意

かつて、赤ちゃんを抱いていた頃の私は、街中が赤ちゃんでいっぱいのように見えた。
これは面白い経験で、統計上の数字とは全く関係のない、けれど自分では「実感」と感じる不思議な感覚だった。
しかし考えてみると、いつも世界は関心事でフォーカスされているのだ!

P3190486.jpg


賑やかな夏の砂浜で聞こえるさまざまな音、歓声も音楽もアナウンスも波音も子供の声も混じる、その中で自分の名前が呼ばれたら・・聞き取りにくそうでも、けっこう聞き取れるのが自分の名前・・これは自分の名前という関心事に、選択的注意が働くから、と考えられる。

さまざまな情報が混ざり合う環境で、個人にとって重要な情報を選択して注意を向ける認知機能を、心理学用語で「選択的注意」という。
砂浜の例は、カクテルパーティー効果と言われる聴覚によるものだが、視覚でも同じようなことが起きる。たとえば、同じ環境にいても、考古学が好きなR君は化石や黒曜石などを見つけるのが上手で、昆虫が好きなK君はカブトムシを見つけるのが上手、というように。

このこと、関心事に関わる情報はいくらでも入ってくるように思えるのに、関心領域を少し外れると入ってこない、ということを意識できているか、意識できていないかの差は大きいように思える。
選択的注意が働くということは、選択的注意の外が生まれるということで、盲点やミスが起きやすい、ことに繋がる。多様な気配りが必要なときは、選択的注意の外もしっかり意識していこう。


ラベル:人間観察 五感
posted by ラパンアジルblog at 15:41 | TrackBack(0) | 視点 | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

アタマはどっち?

P4040531.jpg


2歳半の飼い犬は、散歩から帰ると足を拭いてもらうまで、玄関の土間に立ち、待っている。こんな姿を見ると<よしよし、習慣になっているナ>と思う。

人にも幼いころから身に付けられて習慣になっていることは多い。習慣、たとえば<寝る前に歯を磨く>や<家に帰ってきたら手を洗う>などということは、考えないでも自然に体が動くものだが、習慣とは少し違っていて、でも習慣と同じように大して考えずにやっていることというのも、人には結構多くある。

寝ようとして寝室のドアを開けるとする。そこから、どうやってベッドに潜りこむかを、考えて行動したことがあるだろうか?
ドアを開ける、ベッドへ歩く、腰を下ろす、枕に頭を乗せ、足を上げるの一連の動作を思い出そうとしても正確に思い出すことは出来ないのではないか?右足だったか、左足が先だったかなど、正確に思い出すことが難しいが、動作の方は滞りなく終わっている。

では、知らないホテルのベッドルームに入ったとき、頭と足の向きはどうやって決めているだろう?
この場合、枕の置かれた位置に頭を置くのがごく普通の行動で、これを自然に採用した時は自宅にいるのと同じように、ベッドに横になる一連の動作をあとから思い出しにくい。
このとき、キイになっているのが「枕」。
枕が体の向きを示唆しているが、枕が置かれているからこっちが頭・・と考えるのではなく、無意識な行動になることが多い。

では、もし枕がなかったら?
東南アジアのラングーンやバンコクの安宿にバックパックを下して見た風景。ここで、枕のない粗末なベッドを見たとき、頭はどっち?と考えたことも覚えている。それは、普通の生活で見たことがないようすだったので、意識が働いたし、記憶にも残ったものと考えられる。

UDコーディネーターは、この頭の方向を示すキイ「枕」のような、「形は行動を示唆する」という気付きに、たくさん気付ける視点を持てるようトレーニングする。
多くの視点に気づいた上で、適切な形を採用して、人が使いやすいように安全であるように配慮してゆく。

posted by ラパンアジルblog at 18:49| Comment(0) | 視点 | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

視点とはこんなこと

妊娠中のこと、駅や電車内で妊婦さんばかりが目についていた。そして、子供が生まれてみると、あんなにたくさんいた妊婦さんはどこかへ行き、抱っこやベビーバギーの赤ちゃんばかりが街中にあふれた・・いや実際には「赤ちゃんが街中にあふれた」のではなく、「あふれたように見えた」のが正確な表現だけど・・こんな風に自分が興味を持っていることはよく目に付く。

P3190472.jpg


定点観測してみれば、街中に「赤ちゃんがあふれた」のは事実でなく、赤ちゃんの数よりおとなの数の方が多いといったことが確かめられるけれど、感覚的には「赤ちゃんがいっぱい」といった実感のようなものを持ってしまうことがある。
なにかに熱中する自分は事実とはかけ離れた見方をしていても、そのことがおかしいことだと気付かないことがある、事実と違っても実感は持ててしまう、ということに気付いて、視点を変えてみることが出来れば、私たちの思い違いや失敗はかなり減らすことが出来る。


ラベル:無意識
posted by ラパンアジルblog at 14:23| Comment(0) | 視点 | 更新情報をチェックする