2015年09月09日

逸脱例への着目

インタビューを行い、質的調査の分析を行った研究を基に、平易で読みやすい本にしたという一冊を読んだ。テーマは、がんの寛解。

『がんが自然に治る生き方』ケリー・ターナー著 長田美穂訳 
本;『Radical Remission』(Kelly A Turner)
研究論文;Spontaneous/Radical Remission of Cancer: Transpersonal Results from a Grounded Theory Study (Kelly A Turner)

img_7b.jpg


著者ケリー・ターナーは、がん専門病院で患者のカウンセラーをしていたときに、Andrew Weil著『癒す心、治す力ー自発的治癒とは何か』を読んで、<進行がんと診断され医者から治療の方法がないとして自宅に戻された患者が寛解した>という症例を知って、衝撃を受ける。
これを出発点として、がんの寛解について調べてみると、寛解の症例報告はあるものの、寛解者本人と代替療法の治療者の考え(意見)を含む研究はなく、がんの寛解という事例は「逸脱」として医師から黙殺されているようにみえた。
ターナーはこう考えた<アレクサンダー・フレミングがペニシリンを発見したのも、「逸脱」した現象に目を向けたからで、自分も標準から逸脱した事象を無視することなく、詳細に検討していこう>と。

がん治療で使われる言葉に「標準治療」という言葉があるが、これは<科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療であることが示され、ある状態の一般的な患者さんに行われることが推奨される治療>をいう。(国立がん研究センターがん対策情報センターのがん情報サービスによる)
*http://ganjoho.jp/public/qa_links/dictionary/dic01/hyojunchiryo.html

「標準治療」とはいかにも信頼できる治療に聞こえる一方で、それだけを行うという姿勢からは新しい発見はしにくく、新しい発見は「逸脱」を検討するところにあるのではないか、という著者の考え方はもっともだと思えた。
発見は「逸脱」を検討するところにある、これは質的調査に共通するところでもあり納得のいくことだった。

ラベル:定性調査
posted by ラパンアジルblog at 23:20 | TrackBack(0) | 調査 | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

真実は細部にある

アメリカのTVミステリー・コメディの「Monk」というシリーズ。
神経質で潔癖症の元刑事Monkが、抜群の観察力と記憶力で、犯罪を分析して解決する一話完結のドラマで、ケーブルテレビ局向けベーシックチャンネル(USA Network)が8シーズン(125回)を制作した。
この作品以前、アメリカの人気TVシリーズといえば、力のある全米3大ネットワーク(NBC、CBS、ABC)が制作するものだったが、「Monk」の大ヒットがその常識を破ったといわれている。

Monkの推理では、何かしら「違和感」への気づきが起点になることが多く、違和感を起点として観察を積み重ね、来たるべき一瞬に真実を導き出す。

カントリーのレジェンド歌手ウィリー・ネルソンが犯人にされそうになる話がある(シーズン1)。
銃で殺されたのはW・ネルソンのマネージャー。現場に居合わせた盲目の女の証言で、W・ネルソンが犯人と目されていたのを、Monkは観察力と記憶力で真犯人を導き出す。
観察@盲目の女が住む家の壁に、家族写真がたくさん飾られていた。
観察A右手を怪我した警部に、盲目の女は「左手」を出して握手した。
@Aから導き出せるのは、女は盲目ではない、ということ。
これは、マーケティング調査と同じ手法なのだった。

cbef197ef1784bbacbf6020190c83c9c.jpg


posted by ラパンアジルblog at 16:42 | TrackBack(0) | 調査 | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

観察のこと

観察法とは、対象とするヒトやモノやサービスについて観察し、記録・分析すること。
主に目と耳を使って「収集」し、その場でメモを取り「記録」するが、不確かな部分を確認したり、見直しができるように「録画」「録音」を行うことが多い。

調査手法には適正があるが、観察法には下記のよい点や制約があり、課題抽出型の調査に適している。

観察法のよい点
対象の自然な状態を観察できる
普段の発話、意見を聞くことができる
同時に多面的な観察が可能である

観察法にある制約
場や時を限定するので、同じサンプルを集めることは難しい
観察者の力量により差がでやすい
定量的な集計には向かない

観察法は、課題抽出型の調査に適している。
これまで使用者も意識していなかった問題点や、自然に行われていた新しい使用法といった、何かを探すために観察を行う。

対象者に依頼して行う観察法では、
観察者側と対象者側が良い関係<信頼感を持って安心して行動できる関係>を持つことがベースになるので、対象者には観察の目的を「私(観察者側)は、問題点や課題のヒントを探しにきました」などのように伝える。


posted by ラパンアジルblog at 08:51 | TrackBack(0) | 調査 | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

エスノグラフィ

これまで手掛けたことのない新商品や新カテゴリーに進出しようとするとき、既に販売されている他社品について調査・分析するが、ユーザーが実際にどのように使っているか、使い方に不具合や不都合がないか、何か工夫していることはないか?という、商品がユーザーに使われるさまをつぶさに観察するのが、「エスノグラフィ」の手法になる。
ユーザーによる実際の使われ方には、商品の改善点やベネフィットが隠され、いまだ顕在化していないニーズも埋もれている、ので、これを発見しようとするのだが、ここで重要になるのが、常に<目的を忘れない>ということ。

Cimg3564.jpg


エスノグラフィでは観察される側のプライバシーにも関わるので、<目的を忘れない>と心しておかないと、下手な覗き見のようになってしまう。
これは実際にあったことだが、日常品メーカーの研究者が、対象者の生活場面を写真で紹介し「こんなおもしろいことをしている」と解説して、そのまま終わったのを聞いて、驚いたことがある。
マーケティングで「エスノグラフィー」を用いるのは、良い商品を作るため、商品の改善点を探し、まだ顕在化していないニーズを発見するのが目的だ、ということを常に忘れないでいないと、貴重な内容がおかしなものになってしまう。

P5200413.jpg


エスノグラフィーとは、
文化人類学や社会学で使われる手法をマーケティングの調査手法として活用する「エスノグラフィー」。
エスノ(ethno)は「民族」、グラフィー(graphy)は「記述」のことで、フィールドワーク(field work)を記録したものをさす。マーケティングで、商品やサービスを使う人を「消費者」と呼んでいたのが「生活者」と呼ぶようになり、生活者のありのままの生活や行動を知り、生活者の視点で商品を作ることがより重要とされるようになってきたため、「エスノグラフィー」が活用されるようになっている。
ラベル:文化人類学
posted by ラパンアジルblog at 08:19 | TrackBack(0) | 調査 | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

知らないこと

自分が知らない分野のことは、「知らない」と承知していればいいのだが、
意外に、知らないのに、知っているような気になることがあり、
これをベースに考えると、大きく間違ったことを考えてしまう。

私たちには根拠ない「思い込み」がある場合がある、という事実。
たとえば、「点字の利用について」視覚障害者の多くが点字を使っている、と思っていないか?

P7200491.jpg


点字は、駅や銀行、郵便局といった公共施設の設備によく表示されているので、利用者が多いのだろうと思いがちだが、実は、視覚障害者のうち点字を使う人は多くはない、わずか12.7%という報告がある。

これを調べるには、厚生労働省が5年に1度行っている調査「平成18年身体障害児・者分実態調査結果報告」に視覚障害者の点字習得状況があり、ここで点字識字率を知ることができる。
平成18年の報告では「点字ができる」の回答者は 12.7%だった、という事実。

これを知れば、点字があれば視覚障害者も読むことができる、ということが根拠のない「思い込み」だということに気が付く。

「知らないことはわからない」をよく知って、知らないことを調べることから始めよう。



posted by ラパンアジルblog at 21:04 | TrackBack(0) | 調査 | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

情報の優先度

必要な情報をみつけやすくすることが重要。
商品やサービスに重要なことは、<欲しい人に、欲しい情報が適切に届くようデザインすること>だが、パッケージ・デザインの調査をしていると、パッケージに詰め込まれたメリット(訴求点)を目にする多くのユーザー(ユーザーである調査対象者)が、どのメリットが自分にとって価値があるのか、わからなくなる、という結果になることがある。

どこを見たらいいのか、よくわからないパッケージ(重要な情報が伝わらない)を生み出さないためには、ユーザーがパッケージから必要な情報を見つけ出して、判断して、喜んで購入して、使うことができるように、開発者が、ユーザーにとっての情報優先度の順位付けをすることだと考える。


P3260477.jpg



posted by ラパンアジルblog at 09:30 | TrackBack(0) | 調査 | 更新情報をチェックする