2015年04月21日

思い入れある商品

スーパーで鶏肉の試食販売をやっていた。
三角巾とエプロンをつけたデモンストレーターさんがホットプレートで鶏肉を焼きながら、「食べてください。」と声をかけている。
「美味しいですよ。柔らかいから」と言っていた。

インパクトないナ、と感じたのは私だけではなかったようで、そばを通るお客さんのなかで試食する人は多くなかった。
このデモンストレーターさん、自分で食べたのかナ?
食べてみたときに、「ここが押し」とわかればいいけど、わからないものを試食販売するのは難しいだろうと思った。

P2060403.JPG


ソムリエ藤森真さん(株式会社シャルパンテ社長)は、売れるワインを見つけるために、ワイナリーを訪ね、見て、話を聞いて仕入れる。自分だけでなく、スタッフも連れて行く。販売スタッフに、生産者の思いが伝われば、必ず売りたいワインになるからだという。どんなに高いワインでも、生産者の熱い思い入れが伝われば、必ず売れるワインになるという。

仕入れ基準は<生産者の思い入れ>というのは嗜好品だけでなく、多くのものに共通するキモだと思う。

*株式会社シャルパンテのサイトの生産者情報
http://charpente.jp/producer/

posted by ラパンアジルblog at 22:38 | TrackBack(0) | 味覚 | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

美味しい理由

140905-16.JPG


スープ+サラダのランチ+食後の紅茶 1,080円(税込)ペルティエ表参道本店にて

140905-18.JPG


「美味しい」と感じた、最大の理由はそれぞれの温度。
外皮がカリカリ熱々のパン、やや冷たく柔らかいバター、
熱過ぎないミネストローネ、冷たすぎないフレッシュサラダ、
そして、熱いアールグレイ。
シンプルなメニューが、それぞれのベスト温度で美味しく味わえる。

単純なことながら細かい配慮がいる「おもてなし」の本質は「適温のサービス」に現れると感じた。

posted by ラパンアジルblog at 08:47 | TrackBack(0) | 味覚 | 更新情報をチェックする