2017年12月20日

ダイエット・サンタ

子どもの頃のクリスマスの思い出はキリストの生誕劇に始まり終わる。だから、サンタクロースのイメージは本によって作られた。赤い服の、ピンクの頬の、陽気な、太ったサンタクロースだ。

それがいま、サンタクロースと聞いてはじめに思いつくのは『銀魂』のサンタ&トナカイに、なった…(『銀魂』第12巻 第99訓 )作家・空知英秋氏が生んだ、このサンタは、子供を慈しみそうにないサンタで、陰険そうなキャラ。トナカイはトナカイでサンタに楯突くヤツである。
もう、これを読んだときにはひっくり返って大笑いした。
商業ベースではない、もちろん聖者でもないサンタの出現だ。ウソ偽りのないフツーの人としてのサンタ。

IMG_6253-2.JPG


さて、本来のサンタのイメージである、太った体に赤い服と帽子、白いひげと大きな袋という姿はアメリカで作られたのだという。
トーマス・ナスト(1863年の『ハーパーズ・イラストレッド・マガジン』)の絵が、ノーマン・ロックウェル(1920年以降)、ハッドン・サンドブロム(1930年代から「コカ・コーラ」の広告)のイラストに影響を与え、サンタクロース像を定着させた。

初代コカ・コーラサンタ.jpg


日本には1910年代の雑誌『子供之友』に既に、太った体に赤い服と帽子、白いひげと大きな袋のサンタクロースが登場している。

さて2017年のコカ・コーラ「リボンボトル」のサンタクロースは時代に合わせてややスリムになった。この先、「ダイエット・サンタ」出現も近いのか?

news-20171023-14-img1.png


posted by ラパンアジルblog at 00:00| 商品力 | 更新情報をチェックする